フォニックス (Phonics) 入門
アメリカの子供達が学校で教わるフォニックスで学んで、正しい発音を身につけよう!
サイト管理人: Tomoko
日本で NOVA に通い、アメリカに留学して 14 年目。カリフォルニア州立大学修士課程修了。現在は IT コンサルタント。 LA 在住。

ルール9: 子音2個 vs サイレント E は子音2個の勝ち

ホーム > フォニックスルール ( Phonics Rule ) > ルール9: 子音2個 vs サイレント E は子音2個の勝ち

母音の後ろに子音が2つ続いて、かつサイレント E がある時は?

フォニックスルール3 では 『 母音の後ろに子音が2つ続く時はその母音を短く発音する 』
フォニックスルール5 では 『 サイレント E がある場合は最初の母音を長く発音する 』

と習いました。 では、母音の後ろに子音が2つ続いて、かつサイレント E がある場合は、その母音は短く発音するのでしょうか? 長く発音するのでしょうか?

フォニックスルール ( Phonics Rule ) No. 9
母音の後ろに子音が2つ続いて、かつサイレント E がある時は母音を短く発音する。

例えば、 prince という単語を見てみましょう。

ステップ1: 母音を探しましょう。

prince の中にある母音は i と e ですね。 e は単語の最後にあるのでサイレント E です。

フォニックスルール 9-1 フォニックスルール 凡例

ステップ2: 母音の後ろにくる子音を確認しましょう。

prince の中で i の後ろにくる子音は n と c のふたつです。

フォニックスルール 9-2

サイレント E がありますが、子音がふたつ続いているので、 i は長く 「アイ」 のように発音するのではなく、短く発音します。

フォニックスルール 9-3

次の単語はこのフォニックスルールが当てはまる単語の一例です。
dance, fence, glance, single, plunge

このルールの例外

母音の後ろに子音が2つ+サイレント E でも、母音を長く読む組み合わせがあります。

それは ange です。

change や range のように ange で単語が終わる場合は、 a を長く 「エイ」 のように発音します。


prince の n をとって price にすると、 i に続く子音がひとつになるので、サイレント E ルールが効いて 「 pr + アイ + ce 」 のように母音の i が長く発音されますね。

フォニックスルール、とっても面白いです!



ホーム > フォニックスルール ( Phonics Rule ) > ルール9: 子音2個 vs サイレント E は子音2個の勝ち

© 2008-2011 phonics-esl.com All Rights Reserved.