フォニックス (Phonics) 入門
アメリカの子供達が学校で教わるフォニックスで学んで、正しい発音を身につけよう!
サイト管理人: Tomoko
日本で NOVA に通い、アメリカに留学して 14 年目。カリフォルニア州立大学修士課程修了。現在は IT コンサルタント。 LA 在住。

ルール1: 発音から c か k を判断する!

ホーム > フォニックスルール ( Phonics Rule ) > ルール1: 発音から c か k を判断する!

フォニックスルール ( Phonics Rule ) - c か k どっち?

今回のフォニックスルールは子音の c と k についてです。

まず、子音の c と k の音を発音してみてください。
(わからない方はこちらで確認してください →  無料の発音ソフト ESL Say

両方、破裂するような 「クッ」 という音ですね。

では、この 「クッ」 という音を聞いた時、それが c なのか k なのか、どうやって判断するのでしょうか? なぜ、 cat が c から始まって、kitten は k から始まるのでしょうか?

c か k かの判断のしかたはとっても簡単です。

フォニックスルール ( Phonics Rule ) No. 1
発音から c か k を判断する
破裂するような 「クッ」という音に続く音が、母音の a o u のときは c (例: cat, cup, cob)
破裂するような 「クッ」という音に続く音が、母音の i e のときは k (例: kid, kit, ken)

このルールを使うと、単語の意味がわからなくても、発音を聞けばつづりが c か k かがわかります。

例えば、カタカナで書くと 「キッパ」 という感じの発音を聞いたら、意味はわからなくても、この単語は k から始まるんだな。 ってわかりますよね!



ホーム > フォニックスルール ( Phonics Rule ) > ルール1: 発音から c か k を判断する!

© 2008-2011 phonics-esl.com All Rights Reserved.