フォニックス (Phonics) 入門

ホーム > フォニックス (Phonics) の基礎 > 長母音 (long vowel) と短母音 (short vowel) について

長母音 (long vowel) と短母音 (short vowel) について

長母音 (long vowel) と短母音 (short vowel) はどう違う?

アルファベットの発音の仕方には大きくわけると長母音と短母音の2つあります。

すごく簡単に言うと、長母音 (long vowel) と短母音 (short vowel) の違いは以下の通りです。

長母音 (long vowel) はアルファベットの名前で発音されます。

例えば、cake という単語の a は 「エイ」や kite の i は「アイ」と発音されるので、長母音の発音です。

短母音 (short vowel)はアルファベットの音で発音されます。

例えば、hint の i は、長母音のように「アイ」と発音せずに「イ」のような音で発音します。

カタカナでは正しい発音は伝え切れませんが、このサイトで長母音で発音すると書いてあれば、アルファベットの名前で発音、短母音と書いてあればアルファベットの音で発音するんだなと思って下さいね!


ホーム > フォニックス (Phonics) の基礎 > 長母音 (long vowel) と短母音 (short vowel) について