フォニックス (Phonics) 入門

ホーム > フォニックスルール ( Phonics Rule ) > ルール2: 母音の後ろに子音がひとつ続く時はその母音を短く発音する

ルール2: 母音の後ろに子音がひとつ続く時はその母音を短く発音する

母音が長母音か短母音かを決定するフォニックスルール ( Phonics Rule ) その1

今回のフォニックススキルは、長母音として発音するか短母音として発音するかを判断するためのものです。

例外や他のルールがいろいろありますが、一番基本になるルールです。

フォニックスルール ( Phonics Rule ) No. 2
母音の後ろに子音がひとつ続く時はその母音を短く発音する

例えば、 frog という単語を見てみましょう。

ステップ1: 母音を探しましょう。

flog の中にある母音は o ですね。

フォニックスルール 2-1 フォニックスルール 凡例

ステップ2: 母音の後ろにくる子音を確認しましょう。

o の後ろにくる子音は g ひとつです。

フォニックスルール 2-2

ですので、 o は長母音ではなく、短母音として発音されます。

フォニックスルール 2-3

(長母音と短母音の発音の違いについてはこちら ⇒ 長母音と短母音について

次の単語はこのフォニックスルールが当てはまる単語のほんの一例です。
glad, flag, mug, plug, pop, smog, snap, spot, red, run, van

短い単語は比較的シンプルにルールが適応されることが多いので、 身近な単語にこのフォニックスルールを当てはめて確認してみて下さいね!


ホーム > フォニックスルール ( Phonics Rule ) > ルール2: 母音の後ろに子音がひとつ続く時はその母音を短く発音する